旧保谷市が旧田無市と合併して西東京市になったのは、2001年のことですが、旧保谷市は旧田無市を囲むような形になっていたことから、行政効率などの点から古くから考えられていたそうです。

このあたりは、東京と埼玉、神奈川の境になっているようで、保谷は明治の頃には、埼玉県に属していたこともあるそうですし、田無の方は神奈川県に属していたこともあるようです。

この地域は東京への農産物の供給地として発展していたそうですが、太平洋戦争後、東京への人口集中が始まると住宅の開発が進み、古くから住まいの関する不動産物件が豊富にある地域になっていたようです。

1959年には、当時の最大クラスの団地が造成されていてマンモス団地の先駆けとなったそうですし、団地の敷地内に野球場などのスポーツ施設や公園や学校といった公共施設、商業施設も作られていて、のちに数多く作られる公団住宅の手本となっていたそうです。

今でも新しい住宅が建てられているそうですから、現在も不動産物件が豊富なところになっているようです。

きちんと調べたわけではないですが、保谷など西東京市の不動産相場は東京区内よりも安いのではないかと思います。

都心部につながる鉄道もあり交通の便も悪くないところですから、東京区内にこだわらないのであれば、保谷近辺で住まいを探すのも良い選択肢ではないかと思います。

古くからの住宅地ですから、中古物件も豊富にあるようですし、老朽化した団地などの建て替えも進んでいるようですから、新築物件も豊富にあるようです。

あるところで保谷の不動産相場が出ていましたが、それによると新築の一戸建てだと、四千数百万程度で購入できるようですし、中古で、3Kクラスのものならば、新築の半額程度で購入できるようです。

また、新築で人気の高いのは、4Kクラスだそうですが、それ以外の大きさになると値下がりする傾向があるそうで、5K以上の物件はかえって価格が下がる傾向があるそうですから、家族の多い方にとっては有利になるのではないかと思います。

保谷の不動産物件のことなどについては、こちらのサイトが参考になると思います。

保谷の不動産会社を比較したサイトはココです


Comments are closed.